新しい妖怪が続々登場

新しい妖怪たちがゾクゾク登場!

見た目も奇妙な、個性豊かな妖怪たち!

【古典妖怪/ろくろ首】姿かたちは人間と殆ど変わらないが、首が長く伸びるという能力を持っている。|【古典妖怪/一つ目小僧】これといって特殊な力も持たず突然現れて驚かすという比較的無害な妖怪。|【古典妖怪/から傘お化け】長年使っていた傘が妖怪に変化した姿。一本足でぴょんぴょんと楽しそうにとびはねる。

【ガマンモス】おしっこを我慢し続けた結果、あらゆることを我慢できる最強の忍耐力を身に着けた。|【かりパックン】借りたモノをパクリと飲み込んで自分のものにする妖怪。憑りつかれると、人から借りたものを返さずにそのままにしてしまう。|【のらりくらり】憑りつかれると、のらりくらりと言い逃れをするようになる。

【花子さん】学校に住む女の子の妖怪。いつも遊び相手を探している。特に女子トイレがお気に入りの場所らしい。|【古典妖怪/くだん】占い妖怪。すごい予知能力を持つはずだが、修行中で、明日の天気と抜き打ちテストの予知くらいしかできない。

【びきゃく】カモシカのような美脚を持つ飛脚で、とりついた人間をものすごい美脚にする。|【モノマネキン】ものまね妖怪。とりつかれると人の真似ばかりをしたくなる。|【ねちがえる】いつも寝違えていて首を気にするカエル妖怪。

【古典妖怪/麒麟】あらゆる生命を守護する神聖な妖怪。麒麟の声は全ての邪気をはらう効果がある。|【古典妖怪/えんらえんら】ゆらゆらと形を変えながら大気中をさまよう煙の妖怪。

「元祖」「本家」「真打」に新妖怪が登場!その名は、「ハナホ人」【ハナホ人】ハナホ人が鼻をほじるのに理由はいらない。鼻に2つの穴がある。そこに何があろうとなかろうと関係なくほじりたいのだ。/※「元祖」「本家」で「ハナホ人」を出現させるには、更新データのVer.2.0以降(無料)の取得が必要です。

新しいボス妖怪も登場!|ストーリーの途中で主人公の行く手を遮る、強力なボスたち!一癖も二癖もある、個性的なツワモノぞろいだ!君のともだち妖怪で倒せるか!?

【ガシャどくろ】巨大な骸骨の妖怪。カラスが運んでくるコインでガシャを引くと、コインによって異なる攻撃を浴びせてくる!

【台風の目】台風の日に空からあらわれる妖怪。顔についている「目」が開くと、必殺技を使ってくるようだ!

「真打」限定/「真打」にまだ見たこともない新ボス発見!鍛え上げた妖怪たちで挑め!

カブキロイド

枝魔目さま

『妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打』をプレイ中の方へ
  • 「元祖」「本家」更新データVer.2.0(鬼進化)のダウンロード方法
  • 「元祖」「本家」から「真打」へのセーブデータ引き継ぎ方法
  • 「元祖」「本家」「真打」の連動方法(連動ダンジョンの出現方法)
  • 「超エラベールコイン」の入手方法(前作『妖怪ウォッチ』との連動)
  • 「どきどきコイン」の入手方法(各お店で受け取れるコイン)
  • ニンテンドー3DS本体を変更した際に表示されることがある警告画面について
  • 困ったときのQ&A
  • 3バージョンのちがいとは
  • 「元祖」 と「本家」が大規模データ更新による鬼進化でさらに楽しくパワーアップ!
  • 元祖/本家のほぼすべてのデータが真打に引き継げる!
  • 「キャンペーンメダル」QRコードの読み取り方法
  • 「ダークニャンメダル」のQRコードを公開中!!
  • 「フユニャンメダル」のQRコードを公開中!!
  • 家族で遊ぼう!妖怪家族マニュアル
  • パッケージ版 購入特典 激レアな「Zメダル」がそれぞれ手に入る! ダウンロード版 購入特典 激レアな妖怪がそれぞれ手に入る!
  • 前作『妖怪ウォッチ』との連動で超レアなブチニャンをともだちにできる!
  • ご当地妖怪パスワード入力方法
  • 『妖怪ウォッチ』シリーズ LINEスタンプ 配信中!
  • 購入者アンケート
  • ワンダーニャンのダウンロード番号入力方法

ダウンロード版も好評配信中!本作はニンテンドーeショップにてダウンロード販売も行っております。ご購入の流れはこちらをご覧ください。

  • ジバニャン きせかえプレート
『妖怪ウォッチ』公式関連商品がついにレベルファイブから登場!
  • facebook
  • twitter
  • LINE

妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打 ジャンル:RPG セーブデータ数:3 対応機種:ニンテンドー3DSTM/3DS LL 発売日:[元祖/本家] 2014年7月10日(木)[  真 打  ] 2014年12月13日(土)パッケージ版希望小売価格:各4,600円(税別)/各4,968円(税込) ダウンロード版販売価格も同額 制作・発売:株式会社レベルファイブ ダウンロード版について